年度変わり学級編成対応「出席簿」

こちらのページでは、EXCEL(VBA)とACCESSに関わる幾つかの知見があることを、前提とします。

単年度運用「出席簿」では、学級担任各々が「データと実行系」を抱える、として物語(?)を始めました。
よって、始まりはゼロベース、必要に応じて機能を追加・・・との構成でした。

比して、年度変わり学級編成対応「出席簿」では、全校を見渡す視座から組み立てなくてはなりません。
システム仕様を明示し、段階を追って開発過程を記しましょう。

S0 システム仕様
  大まかな仕様(全体像)を示します
 
S1 DBの設置と接続テスト
S2 学校詳細情報のデータ化(管理者)
  管理者による最初の歩みです
 
S3 学級担任日常業務の起動
S4 学級名簿の構成(学級担任)
  学級担任日常業務の始まりです
 
S5 月ごと出席簿書式構成・その1(学級担任)
  横軸に日付けと曜日、縦軸に生徒氏名を書き出します
  土日と祝祭日の列に網掛けし、当月の授業日数を算出します
  転出入生には赤線と黒線を描き、当月末日の在籍数に反映します
 
<--- 以下、順次公開予定 --->
 
S6 長期休業のデータ化(管理者)
  夏休み等定例の長期休業に加え、2020年にあったような臨時の長期休業をデータ化します
  
S7 月ごと出席簿書式構成・その2(学級担任)
  管理者がデータ化した長期休業を読み込み、該当日の列を網掛けします
 
S8 出席簿記載文文字列のデータ化(管理者)
  忌引出停から遅刻早退に至るまでの理由詳細など「出席簿に記載する文字情報」をデータ化します
  休日参観やその代日など、休業日と授業日の入れ換えを表す文言も、併せてデータ化します
 
S9 月ごと出席簿・枠組構成(管理者)
  運動会・文化祭・休日参観等々、学校行事による月々の休業日と授業日の入れ換えを設定し、出席簿の枠組みを構成します
 
S10 月ごと出席簿書式構成・その3(学級担任)
  管理者がデータ化した休業日と授業日の入れ換えを読み込み、該当日の列を網掛けまたは網掛け解除します
  学級閉鎖情報をデータ化し、当日の列を網掛けすると共に、出席停止日数へカウントします
 
S11 個人出欠情報のデータ化(学級担任)
  月日と個人を指定し、忌引出停から遅刻早退に至るまでの出欠情報をデータ化します
 
S12 月ごと出席簿書式構成・完成(学級担任)
  当月の出欠情報を読み込み、該当欄に略記するとともに、忌引出停から遅刻早退に至るまでの日数を算出します
  該当者全員の理由詳細を、纏めて備考欄に書き出します
 
S13 学期末出欠席一覧作成(学級担任)
  当学期末の項目ごと日数を算出し、個人の備考欄には欠席等の理由詳細を項目ごとに纏めて書き出します
 
S14 市教委提出「長欠月報」の作成(管理者)
  学級担任がそれぞれ二入力した欠席情報を取り纏め、長欠月報を作成します
  市町ごとに定められた様々な書式のうち、二つの書式に対応します